ビルメンテナンス

【ビルメン】大人数現場と少人数現場ってどっちがいいの?現役ビルメンが比較します

こんにちは京香です

ビルメンの現場にはいろいろな現場があって

大型のオフィスビルや商業施設はビルメンの常駐人数も多くなり

逆に小規模な物件は常駐人数が少なくなります。

そこで私は大人数の現場も少人数な現場も

両方経験しているので比較したいと思います。

結論からいうと、どちらも一長一短です。

仕事の量は大人数現場が多い

仕事の量は

大人数現場 > 小人数現場 です

大人数の現場はビルも大型なので単純に面積が広いので移動に時間がかかります

オフィスビルなら縦の移動はエレベータですが、基本的に従業員用のエレベータを使うので

使えるエレベータも限られてます。

大型の商業施設の場合は横に広いので歩く距離が長いです。

大型の物件は施設が多いので人数も多いのですが

それでも一日中点検や故障対応をしているので防災センターで

まったりとかはあまりできないです。

商業施設にいた頃の記事を置いておくので参考にどうぞ

ビルメンの激務現場の1日の流れ【商業施設】ビルメンの1日の仕事の流れを私の実体験を元に紹介します。 一日のスケジュールはこんなカンジです。 9:00  全体朝礼(設備...

希望休は大人数現場のほうがとれる

希望休は

大人数現場 > 少人数現場 です

大人数の現場のほうが稼働人数が多いので指定休や希望休はとりやすいです

もちろん職場環境にもよりますが、私が以前いた大型商業施設では

2週間海外旅行をしていた設備員もいました、しかも3人同時に(笑)

まぁその分私にしわよせがきて

当直→明け→当直→明け→当直→明け

というかなりハードなシフトになった時もあります。

しかし逆に少人数現場は長期の休みをとるのがかなり難しいです

例えば設備員5人の現場で稼働人数が当直1人、日勤1人の場合ですと

一人抜けるだけで当直を回すのが厳しくなってきます

もちろん全く希望休を取れないわけではないですがせいぜい5連休がいいところでしょうか

つまり希望休は大人数現場の方がとりやすいです

人間関係は少人数現場のほうがよい

人間関係は

少人数現場 > 大人数現場 です

なぜなら大人数の現場は人が多い分、変な人がいる確率が高いのと

現場内で派閥ができてしまうからです。

私が前にいた商業施設では年配組と若者組で表面上はうまくはやっていても

裏では悪口や愚痴をこぼしている状態でした。

それだけではなく、大人数現場は当直が2~3人と複数人で当直をやります

そこで仮眠室が個室になっていればいいのですが、同じ仮眠室で2~3人

仮眠をするとなるとイビキがうるさい人とあたってしまったり

寝相が悪くてモゾモゾと音を立てる人もいます

そんなところからも人間関係にちょっとした亀裂が入ってしまうのが大人数現場です。

一方、少人数現場は常駐人数が一人か二人程度なので一人なら気楽ですし

二人なら協力するしかないのでよほど協調性のない人とあたらない限りギスギスすることはないです

仮眠室も当直は一人なので個室でぐっすり寝れます(対応があれば起きないといけませんが)

つまり人間関係は少人数現場のほうが良いです

まとめ

ビルメンは結局現場が全てなので配属されるまでは運次第です。

ですが会社は選べますし、大手系列系なら大型物件の大人数現場に配属される可能性は高いですし

独立系の小さな会社なら小規模物件の少人数現場に配属されるでしょう

ビルメンは現場を選ぶことはできないからこそ会社選びは重要です

良い会社を選びストレスフリーなビルメンライフを送りましょう!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました

【関連記事】ビルメンに転職・就職するメリット・デメリット【未経験から転職した経験談】

【関連記事】大手系列系ビルメンに転職するのに資格は必要なの?【重要なのは資格ではない】

ABOUT ME
京香
20歳で厨房機器メーカーに就職し、8年で病んでしまいビルメンに転職したアラサー男子です。主にビルメンやグルメ系の記事を書いてます。
合わせて読みたいおすすめの記事
人気ブログランキング参加中!!
この記事がいいねと思った方はバナーより投票お願いします!!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です