ビルメンテナンス

ビルメンの常駐型と巡回型ってなに?どこが違うの?

こんにちは京香です

ビルメンには常駐型と巡回型のビルメンがありますので

その違いについて説明していきます。

巡回型ビルメン

巡回型のビルメンは複数のビルを1チームで管理します

例えば3つのビルを管理する場合

1つのビルに拠点を置き他の2つのビルに

点検は不具合の対応に向かう形です

ですので移動には車や自転車を使います。

ビルに専用の駐車場あればいいんですが

ない場合はコインパーキング等に停めないといけません

平日の日中だと探すだけで時間を食う時にあります。

又、私は鉄道系のビルメンも転職の時に受けたことがあるんですが

事務所が拠点となりそこから、駅ビル等に向かって

点検や不具合対応をするとの事でした

また、独立系のビルメンもコストダウンのため

常駐型より巡回型が多いみたいですね

なので、全てではないですが

鉄道系、独立系は巡回型になる可能性が高いです。

常駐型ビルメン

こちらは巡回型とは異なり

1つのビルに防災センターもしくは中央管理室に

拠点がありそのビルの点検や不具合の対応をする形となります。

なので巡回型に比べ移動はとても楽です。

又、常駐型のビルメンは24時間対応(仮眠時間有り)

の現場が多く、仮眠室や休憩室、シャワー室など

施設が充実いているところが多いです。

大型の物件は

ほとんどこの常駐型のビルメンで

逆に小規模の物件は巡回型になります

系列系は常駐型のビルメンが多いです

まとめ

参考までに

巡回型は独立系、鉄道系等

常駐型は系列系がほとんど

私はDODAが開催していた転職フェアで

担当者から話が聞けたので、常駐型のビルメンで

ぬくぬく時間に追われる事もなく仕事ができています。

なので、入社する前にリサーチする事をおすすめします。

最後まで読んで頂きありがとうございます。


ABOUT ME
京香
20歳で厨房機器メーカーに就職し、8年で病んでしまいビルメンに転職したアラサー男子です。主にビルメンやグルメ系の記事を書いてます。