就活・転職

上場企業=ホワイト企業は間違い?その認識は痛い目に合います

さて、これから就職する方、転職する方は

どうせ働くならホワイト企業がいいですよね。

そこで世間のイメージとして東証一部上場企業なら

ホワイト企業だろうと思う方もいるかもしれませんが

それは間違えです。

たしかに、ホワイト企業を選ぶにあたり

上場企業かどうかは判断の材料になりますが

それだけで決めてしまうと

そんなハズじゃなかった!と後悔してしまうハメになります。

この私の様に

ではそうすればホワイト企業かどうかを判断するか

紹介したいと思います。

まず気にするところは離職率です。

離職率が低いところは定着率が高いということになります。

もちろん、不満があって辞める人が全てではないですが

定着率が高いということは不満が少ないということなんですね

なので、転職、就職する時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

又、離職率等のデータではなく

実際、会社で働いている人の感想、意見を聞くのが一番なんですが

就職、転職しようとしている会社にたまたま知り合いがいるなんてことはほとんどないですよね。

そこで、「転職会議」等のサイトを使えば実際働いている人の

クチコミを見る事ができます。

このサイトは私も実際に利用したんですが、

今、勤めている会社のクチコミを投稿する事で

無料で他の会社のクチコミを閲覧することができました。

なので、実際働いている人の生の情報を入手する事ができるので

ぜひ、利用し転職、就職を成功させホワイト企業ライフを送りましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ABOUT ME
京香
20歳で厨房機器メーカーに就職し、8年で病んでしまいビルメンに転職したアラサー男子です。主にビルメンやグルメ系の記事を書いてます。